介護請求ソフトでラクラク業務『スムーズ介護NICEサービス』

介護

コストより内容で判断

介護

介護請求ソフトを取り入れるなら、導入に必要なコストよりも内容で判断することが大切です。世間にも認められている有用な機能があることはすでに普及したという事実が立証するため、何を導入するか比べて検討したいところです。

詳細を読む

知られたきっかけ

介護

介護請求ソフトの有用性が知られたきっかけは、導入すればだれでも簡単に請求ができる業務円滑化効果が、業界内に認知されたことにあります。現在ではタブレット端末にも対応できることで、その利便性は広がっています。

詳細を読む

簡単にスマートな作業

介護

介護請求ソフトを取り入れることで、煩雑になりやすい保険請求業務を簡単にすることがあります。その問題を解決するために、パソコンを苦手だと感じる人でもわかりやすいシステムとして提供されている点を無視することはできません。

詳細を読む

色々な種類が存在

幅広いラインナップから選べる介護請求ソフト

介護

介護請求ソフトは介護施設において汎用されるようになってきました。情報化社会の影響を受けてあらゆる業務が電子化されてきているからです。 その利用料金に関しては導入するシステムによって大きな開きがあります。介護保険請求書の伝送のみを目的とする場合には月あたりで1000円程度から利用が可能になってきていますが、それ以外の機能を追加するほど高額な利用料が必要になる傾向があります。 基本的な要介護者の情報管理や、ケアプランの作成と管理、レセプトの作成といったことを行う一式を揃えると、典型的には月あたり一万円弱の費用がかかる傾向があります。しかし、サービス内容やシステムの選び方で5000円前後のものもあり、必要に応じて幅広いラインナップから選べる傾向にあります。

伝送に必要な回線も普及に影響

介護報酬請求が原則として電子媒体によるものと定められたため、介護請求ソフトの利用が急速に広まりました。磁気媒体または伝送による提出が必要とされるものの、より簡便な伝送による提出が望まれる傾向が強まったからです。 しかし、国保連への伝送に際してはISDN回線が必要になるということが課題になりました。その月額使用料もかかることになるため費用が嵩んでしまうからです。そのため、磁気媒体による提出を行う事業所も稀ではありませんでした。 そこにインターネット回線でも伝送が可能なシステムを組み込んだ介護請求ソフトが民間から登場しました。これによってISDN回線の導入が不要になり、躊躇していた介護施設も介護請求ソフトを利用するようになりつつあります。